セッションをしていく中で



君たちマゾの
進歩が見えた瞬間、世界が広がった瞬間に
立ち会えるということは



何度体験しても
心底嬉しくなる。



それがどういったものでも
構わない。



君自信の意思でもって
私と一緒に前進してくれることが
一緒に見聞を拡げてくれることが



本当に、本当に嬉しい。
IMG_3763



大人になればなる程に
現状から先に進むということが
子供のころと比べて
勇気が必要だったりする。




「変わる」ということは
とてもエネルギーのいることだってことを
私は知ってるから



だからこそ、そういう尊い瞬間を
目の当たりにすることが出来ると
とても嬉しくなるんだろうなと思う。




君も、頑張って挑戦してくれたんだもんね。
少し怖いと言いながらも



その恐怖心の先に見え隠れする
快楽を欲する気持ちを
私の手に委ねて
その一歩を踏み出す。



IMG_3833




今から受ける責めに対する緊張と
私の足の感触に
声が零れて
身体がぴくりと反応する。



君の背中を足でなぞると
息が大きく乱れる。


そんな君の姿を見ながら
これから手を下す君への仕打ちを想像して
私の鼓動も早くなる。



ゆっくりと蝋燭に火を灯して
蝋が溶けていくのを眺める。



火に熱を上げられ
妖しい艶を纏った蝋を
君の肌に垂らしていく。



IMG_3835




一滴、一滴堕ちるごとに
うめき声を上げる君。


どうする?やめておこうか?


やめないです。



君は本当に偉いね。
素直にその熱さを受け止めて
苦しそうな声を上げているのに


自分の欲した道を進もうとする。



じゃあ、こっちも
遊んであげないとね。


君の敏感なここと、あそこを。



IMG_3836



さっきまでよりも
より一層大きな反応を見せる。


それでも、やめてくださいなんて言わずに
ちゃんと受け止めて
その熱に陶酔していく。


IMG_3837



真っ赤に染められた
君の感じてしまうところ。



熱に溶かされた
いやらしい表情。



初めての第一歩を
踏み出すことが出きて
本当に良かったね。



痺れてしまうような興奮の中で
君と過ごした時間は
とっても愉しかった!



今度は何して遊びましょうね。
少し想像しただけでも
愉しみで仕方ないや♪




ランキング参戦しています。

そうそう、そのまま
いい子の君はその指で
ひと押ししていってくれるでしょ?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


SMランキング