私の下から聞こえて来る
乱れた呼吸



私から与えられる
苦しさも辛さも
快楽として受け入れてしまう


人としての尊厳を
失ってしまったお前。




二人だけの空間で
私の視線と
お前の視線が
対等に並ぶということはない。

IMG_4386


お前は常に私の下。
その場所がお前のあるべき所。
そしてお前の欲する居場所。




そこに在るだけで
蕩けただらしのない表情を浮かべるお前。




目を見つめながら
蝋が溶けるのを待つ。




少しずつ傾けていく。
美しく揺れる炎と
荒くなっていくお前の呼吸に



私の口角が上がっていく。




はたた、と肌に堕ちる
その熱に身体を振るわせるお前。




熱い?



熱いです。
 熱いけど気持ちいいです。




そう。




どろっとした加虐心が
身体の芯のほうで湧き上がる。



滴る蝋を
お前の敏感なところへと
這うように落としていく



息はどこまでも乱れているのに
目の奥が蕩けて揺らぐ。




IMG_4388




けど、これでは
まだまだ足りないね。


人ならざるものとして扱われるには。



ちゃんと持ってないと
 灰が落ちるからね。




そう言って灰皿を
両手で持たせる。



そして、私は
煙草を吸いながら
また蝋燭に手を伸ばす。



IMG_4389



どんなに熱くても
灰皿だけはちゃんと持っていないといけない。



だってお前には
私に好きなように使われる
モノとしての存在しか許されていないんだから。



ほら、もっとちゃんと
その役目を存分に果たして
私に可愛がられるように立ち振る舞いなさい。


IMG_4390



ランキング参戦しています。

そうそう、そのまま
いい子の君はその指で
ひと押ししていってくれるでしょ?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


SMランキング