セッションをしていると時々
黄昏時や彼は誰時のように感じることがある。

ここから一秒先が明るい日差しに包まれるのか
それとも静かな帳が下りるのか

それは十人十色で
予測しきるということは到底出来ない。

でも、この予測不能なのがまた
人間であるということの、SMというものの
いいところであって
私はとても好き。


IMG_1577


どうか、私と過ごした時間が
日の元で生きる君たちの活力に、癒しに、解放に、幸せになりますようにと
深く願いながら日々を送っている。

だからこそ一緒に愉しんで欲しいなと
心底思ってる訳だ。

最近、何かにつけて
便利な世の中になっていることを
この身で感じることが非常に多い。

特に情報の取得に於いては
私の小さな頃と比べれば
かなりインスタントになっているように思う。

デジタルなものは便利だし
活用するのはもちろんいいことだけれど
その利便性は時に私たちの感覚を殺すことがあるようにも思える。

未知との遭遇も
人のつながりも
タップやクリック一つで叶えられてしまう世の中。

もちろん便利だから活用はするし
これはこれで良さがあるのは理解しているけれど
こんな時代だからこそ
私は少し手間のかかるものを好んでしまう。

電子書籍よりも紙に印刷された活字の方が好き
サブスクでみる映像よりも映画館の方が好き
wikipediaよりも博物館の方が好き

こんな感じ。

そして何より
ネット上で有象無象に散らばっている人間関係より
対面して共有する時間が好き。


IMG_2150


なかなか以前のようには過ごしづらくなってしまったけれど
君たちとの時間は変わらず変態的で、背徳的で、情動的で
心底愉しい。

同じ一分一秒が訪れるということはないということを
不便さを肌で感じているからこそ
より一層その重みを感じる。

貴重な一瞬を積み重ねて
私たちの時間が移ろいゆくのは
とても愛おしくて、目が離せない。

そしてその時間は
それぞれの中に色んな形で残って明日生きる糧となる。

君たちの中に残るものは
いったいどんなものなんだろうか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ただただ私から溢れた思いと脳内を
言葉に綴っただけの文章にしてみた。

たまにこうやって感情の溢れるまま
思うがままに書くのは
一種のルーティーンになりつつある。

まだまだ書きたいことは山ほどあるけど
今日はこの辺で。

そろそろ明日の悪巧みを開始せねば・・・。


ランキング参戦しています。
そうそう、そのまま
いい子の君はその指で
ひと押ししていってくれるでしょ?
          ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

         SMランキング



     女王様データベース



◆販売動画購入はこちら◆
    ↓ ↓ ↓
         Shop Enter



◆Fantia 白檀のファンクラブ◆

セッション動画や
ここでしか見られない
貴重な動画の数々は必見です!